競馬予想会社の詐欺手口を紹介!騙されないように気をつけよう

詐欺 競馬予想会社

競馬予想会社と言えば、的中実績を大きくアピールして、入会すれば大きな恩恵を受けることができる印象を与えています。
確かに、大きな的中実績がある場合もあるのですが、その殆どが真偽不明の情報ばかりでアテにできない可能性が高いです。
ひどい競馬予想会社の場合は、詐欺手口を働きお金をだまし取ろうとしているケースもあるのです。
主な手口としては、以下のような方法があります。

  • インサイダー情報と称して怪しい情報を売りつける
  • 的中馬券を公開しているが改ざんした画像である
  • 個人情報を収集して売りさばく

では、どれだけ競馬予想会社の詐欺が行われているのでしょうか?
この記事では、競馬予想会社の詐欺について解説します。

競馬予想会社が使う5つの詐欺手口

悪徳

競馬予想会社が主に行う詐欺手口としては、以下5つのような方法があります。

  • インサイダー情報を提供して八百長レースを持ちかける
  • 的中実績を偽造する
  • 巧妙な言葉によってクレジットカードを現金化させる
  • ありえない全額返金保証
  • 無料予想と称して個人情報を収集する

それぞれの詐欺手口について、より詳しく解説します。

インサイダー情報を提供して八百長レースを持ちかける

競馬において、インサイダー情報と呼ばれるものが存在します。
株式市場などでは、インサイダー情報は厳しく規制されており、犯罪行為に当たります。
一方で、競馬においてはインサイダー情報は規制されていません。
その一方で、競馬において仮にインサイダー情報を得たからと言って、必ず的中させることはできません。
競馬関係者であっても、内部情報を知っていても特殊な情報など一切ないというのが実情です。
たとえジョッキーや調教師であっても、競走馬の調子は知ることはできても、他馬との比較ができません。
このような状況下でも、競馬予想会社はインサイダー情報と称して情報を販売しているのです。
中には、元ジョッキーや調教師が参加していて、その情報を惜しみなく提供しているというケースがあります。
ただ、実際には広告塔になっているだけで、一切関与していないというケースもあるので要注意です。
また、先に紹介したとおり、例え元ジョッキーや調教師がインサイダー情報を入手したとしても、それが馬券の的中につながるとは言い切れません。
インサイダー情報の中でも、特に八百長に関するものも多く見られます。
JRAは公正競馬を全面に押し出しており、八百長レースは存在しません。
ただ、競馬予想会社はあたかも存在しているかのように話を持ちかけてくるのです。
八百長レースとして話を持ちかけるのは、民事第95条の錯誤に該当しますし、刑事上でも警報246条詐欺罪に該当するので絶対に引っかかってはいけないものです。

的中実績を偽造する

競馬予想会社は、自社の予想がどれだけ有益であるかをアピールするために、的中実績を公開しているケースが大半です。
例えば、注目のG1レースで完全的中した!であったり、大万馬券を的中させたなどの情報を、実際の馬券画像と同時に公開しています。
これだけ見ると、本当に的中したのかと思いがちですが、実際にはその情報が模造である可能性があるのです。
的中実績については、実際に印を公開していてもありえない組み合わせで適中したとしているケースがあります。
その結果を基にして、馬券の画像を模造しているのです。
最近では、Photoshopなどの画像加工を容易に行えるソフトがあって、意外と簡単に模造することができるのです。

巧妙な言葉によってクレジットカードを現金化させる

詐欺手口を働く競馬予想会社は、多額の情報料を請求するケースが多いです。
また、馬券が的中できないとどんどんと資金的に厳しくなっていきます。
そこで、競馬予想会社はまるで髪が手を差し伸べるかのように、手軽に現金を入手できる方法を指南してくるのです。
その方法が、クレジットカードの現金化です。
例えば、キャッシングの枠を現金化するという業者がいて、その業者を利用することをそそのかしてきます。
競馬予想会社とキャッシング枠の現金化業者が繋がっていることも想像できますね。
実際には、クレジットカードの現金化は利用規約違反であるので、最悪の場合ブラックリスト入りしてしまう恐れもあります。
また、現金化したとしてもいずれは返済しなければならないことも忘れてはなりません。

ありえない全額返金保証

競馬予想会社の触れ込みとして、不的中になったら全額返金という謳い文句で募集しているケースがあります。
全額返金保証を謳っていても、実際には返金の詳細を意図的に提示しないケースが大半です。
例えば、3レース提供して1レースだけの的中で、トリガミした場合であっても的中という扱いにして、返金保証外と主張するケースがあるのです。
また、全額返金保証という触れ込みながらも、実際は全額分のポイントを返還するというケースもあります。
安心感を与えつつ、実は詐欺行為を働く手口ですので要注意です。

無料予想と称して個人情報を収集する

競馬予想会社の多くが、無料予想を提供しています。
高額な予想が、まずは無料で確認できるという触れ込みで募集されており、お得感があると感じて多くの方が申し込んでいます。
無料予想であっても、大抵がメールアドレスを登録したり、電話番号の登録が必要な場合もあるのです。
競馬予想会社としては、このメールアドレスや電話番号などの個人情報を入手することが、無料予想を公開している理由なのです。
これで得た個人情報は、闇市場で売られてしまい、迷惑メールが多く届くことがあります。

競馬予想会社の詐欺を見抜く3つの方法

大金

競馬予想会社の詐欺行為を見抜く方法として、次に解説する2つの方法があります。

ドメイン情報を確認する

主に的中実績の模造を見抜く方法として、ドメイン情報の確認があります。
ドメイン情報とは、そのサイトがいつドメインを取得したのかなどが掲載されています。
ドメイン取得日は、ドメイン年齢というフリーツールから容易に確認可能です。
ドメイン取得日を確認したら、競馬予想会社の過去の実績をチェックします。
もし、ドメイン取得前の実績が掲載されていたら、完全に模造している証拠となります。

IPアドレスから割り出す

競馬予想会社では、あたかも違う会社のように見せかけて、実は同じ会社が複数のサービスを運営しているケースがあります。
この場合、大抵が詐欺行為を働くために複数の予想会社を運営している場合が多いのです。
もし怪しいサイトを見つけたら、同じ会社が運営しているかどうかを見抜く方法として、IPアドレスの割り出しがあります。
IPアドレスは、サイトの住所を表すもので、もし複数の競馬予想会社のIPアドレスが一致していれば、出どころは同じということになるのです。
IPアドレスは、whois情報検索-CMANというツールで確認可能です。

SNSの口コミを参考にする

怪しい競馬予想会社を見つけたら、SNSの口コミを検索するのも有効的です。
競馬予想会社自身が提供している口コミもありますが、模造した口コミばかりで全くアテになりません。
一方で、SNSの場合は忖度なく良し悪しを口コミしているケースが多いので、参考になります。
ただ、SNSの中でも競馬予想会社が利用者になりすまして口コミしているケースもあるので、注意してください。

当サイト直伝競馬予想会社の詐欺にひっかからない最強の方法

騙された

本サイトでおすすめしたい、詐欺に引っかからない方法として、無料予想の検証があります。
まずは無料予想を利用して、その結果を検証して実際に的中するかどうかを確認するのがおすすめです。
これで、模造されたものかどうか、実際に的中するのかどうかを確認できます。
但し、無料予想を確認するためにはメールアドレスなどの登録が必要になるケースが大半です。
捨てアドなどを用いて、利用することをおすすめします。

絶対に引っかからないようにしよう!

競馬予想会社には、実際に詐欺行為を働く不届き者が多いものです。
今回紹介した方法を参考にして、絶対に引っかからないようにしましょう。